2012年08月13日

Sky Input/Filteria

2h2o8rb.jpg

ネオゴアトランスの代表的アーティスト、Filteriaの2004年発表のアルバム。
ネオゴアトランスとは、ゴアトランスの最大の特徴である宗教的な曲調に現代的なプロダクションで肉付けしたパワフルな新世代サウンドのこと。

 BPM140前後のビートに音の奔流に呑み込まれるかの如く、バキバキにうねるシンセサイザーがダイナミックに奏でられている。曲展開もさることながら、メロディーがわかりやすいのでニューゴアトランス入門にもおススメ。
ラベル:goa trance Filteria
posted by reone at 21:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

The Pavilion of Dreams / Harold Budd

pavilion.jpg

 1978年発表。Brian Enoとの共作で有名なHarold Buddの作品。分類としてはアンビエントというよりは環境音楽ジャズ。
 サックスとピアノを中心として、ハープやマリンバ、ティンパニ、微かなヴォーカルが入る。
音の1粒1粒の美しさを追求し、完璧な音の調和から浮世離れした夢の世界にリスナーを誘う。
全4曲で1曲が20分近くある大作が多い。虚ろな気分なときに聴くとより世界に入り込める。
ラベル:Harold Budd ambient
posted by reone at 21:23| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

The Pearl/Brian Eno & Harold Budd

15521147.jpg
 
 1984年発表。アンビエント・ミュージックの第一人者、Brian Enoがピアニスト&コンポーサーであるHarold Buddとのコンビを組んだ共作。

 緩やかにながれる単一化されたモノトーンな電子音が空間を支配し、そこで電子処理されたピアノの細やかな音色が流れる。
 ひたすら内向的な音で、圧倒的に孤独な世界から断絶された世界を感じさせる。大半の人は癒しを感じるかもしれないが、僕はこの音に抗いようのない死の匂いを感じた。
生命としての死ではなく、人間としての死。 終息であり安息の死。どこか壊れそうで深い深い深層世界。
聴き手の感性に訴えかける、20年たった今でも色褪せない傑作だ。
posted by reone at 21:05| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。